Tel / 0284-21-6818

蕎遊庵

歴史の街、足利市の素晴らしい景色を見下ろす織姫山の中腹にある織姫神社境内脇
江戸前のつるりとした食感の打ちたての蕎麦 季節の変わり蕎麦をお召し上がりください

お知らせ

2022-04-26 12:49:00

5月1日(日)につきまして、誠に恐縮ですが、都合により臨時休業とさせて頂きます。

急なお知らせとなり申し訳ございません。

※その他の営業日につきましては、カレンダーを参照ください。

宜しくお願い致します。

 


2022-04-01 11:00:00

この度、さらしな生一本(十割のさらしな蕎麦)に特化した『さらしな生一本蕎麦打ち技術検定』実施することと致しましたのでお知らせします。

 

 

『さらしな(生一本)が打てて二八の完成』

さらしな生一本を打つ技術は、蕎麦打ち技術の中で最も難しいと言われています。

 

 

このことから、蕎遊庵ではこれまで、さらしな生一本を打つための道具の開発及び製作、又、蕎麦打ち教室や講演会、さらしな蕎麦打ち技術選手権の開催など、さらしな生一本を打つ技術の習得と継承に力を入れて参りました。

今回、『さらしな生一本蕎麦打ち技術検定』を新たに実施することで、明確な目標値を設定し、更なる技術の向上につなげていきたいと考えております。

 

 

検定は蕎麦打ち教室内で実施し、目標とされる『一寸60本の仕事』を目指した階級設定となっております。

検定の詳細につきましては、順次、蕎麦打ち教室内及びHPでお知らせ致します。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

 


2022-03-08 16:00:00

令和4年3月4日(金)に足利市民プラザにて、『第11回 新・さらしな蕎麦打ち技術選手権』を開催致しました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、今年度は、2年ぶり、無観客での開催となりました。

選手、スタッフの皆様のご協力のもと、無事に開催することができましたことに感謝申し上げます。

 

大会結果

第11回 さらしな蕎麦打ち技術選手権(参加者18名)

優勝  加藤孝子(埼玉県)

第2位 川鍋敏雄(埼玉県)

第3位 柴﨑友子(埼玉県)

 

第1回 さらしな生一本蕎麦打ち技術選手権(参加者10名)

優勝  該当者なし

審査員特別賞 柴﨑友子(埼玉県)

 

 

sarashina.jpg

『さらしな(生一本)が打てて二八の完成』

 さらしな生一本を打つ技術は、蕎麦打ち技術の中で最も難しい技術と言われています。

 


2022-01-02 11:00:00

 

第11回新・さらしな蕎麦打ち技術選手権を以下のとおり開催致します。

 

日 時:令和4年3月4日(金)9:30開始予定

    ※開始時間は参加者数により変更になる場合がございます。

場 所:足利市民プラザ 小ホール(足利市朝倉町264

参加費:要

定 員:さらしな技術選手権 先着20名

    さらしな生一本技術選手権 先着12名

     ※定員になり次第締切(令和4年1月12日より受付開始)

     ※詳細は別途お問い合わせください。

申込・お問合せ:電話0284-21-6818 蕎遊庵 火曜定休 

 

なお、「さらしな蕎麦打ち技術選手権」につきましては、新型コロナウイルスの感染防止のた<無観客開催>を予定しております。

また、選手権ご参加の皆様にも感染防止対策にご理解・ご協力を頂けますようお願い致します。

選手権への参加を希望される方のご連絡をお待ちしております。

 

※第14回足利で蕎麦を語るフォーラムについて<中止>

足利で蕎麦を語るフォーラムは、平成21年より、蕎麦打ちの技術・味覚の向上を図ることを目的に毎年開催して参りましたが、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、開催を中止することと致しました。

 

 


2022-01-01 11:00:00
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
たくさんのお客様との出逢い、皆様の支えに心より感謝申しあげます。
 
皆様に安心してご来店頂けますよう、感染防止対策を徹底してお待ちしております。
本年は、1月2日より営業致します。
本年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。
                                    蕎遊庵 店主 

1 2 3 4 5 6 7